前へ
次へ

講演依頼をするときは依頼状を書きます

社会のルールを守って行動しなければ、相手から信用されなくなってしまいます。
講演会を実施することになって講師に講演依頼をするときは、依頼状を書かなければなりません。
依頼状には、できるだけ詳しく書くようにして、講演会に参加する年代や人数を分かりやすく明記してください。
面識がある場合と面識が無い場合とでは文章が異なるので、インターネットなどを参考にしながら、講演依頼に必要な書類を書くように心がけてください。
依頼状を書くときは、丁寧な文章だけを書くだけではなく、相手が対応しやすいように配慮することが大切です。
まとまりのない依頼状を相手に送付してしまうと印象が悪くなってしまって関係性が悪化してしまうので注意してください。
依頼状には、相手に聞き入れてもらうというような交渉的な一面も持ち合わせているので、書類を作成するときは細心の注意を払う必要があります。
間違ったところがあれば、すぐに訂正して依頼状を完成させるようにしましょう。

Page Top