前へ
次へ

講演依頼をするときは目的と経緯を明示しましょう

イベントを企画するにあたりゲストに講演依頼をするときは、しっかりと相手に自分自身の想いが伝わるように目的と経緯を明示してください。
講演をするにあたり出演者が一番重視するのは、スケジュールなので講演依頼をするときは、日時を伝えると相手にもはっきりと伝わります。
文書を書くときは、何を書いたら良いのか分からないと思いますが、相手に対するお願いの気持ちが伝わるような文面にすると講演会に参加してもらえます。
自分だけの感情だけで文章を書いてしまうと受け取った方も強制的な意味合いが込められているような印象を感じ取ってしまうので、文面は分かりやすく簡潔に書いたほうが良いです。
そして、相手側にとって、時間的な余裕があるときに講演依頼をするようにしましょう。
スケジュールがあまりにも困難でゲストに対して悪影響な印象を与えてしまうと講演会を辞退してしまう可能性があるので、できるだけ、1カ月前に文面は完成させておきましょう。

プロの教師による本格英語授業
バイリンガル講師が日常で使える英語をお教えいたします

いつでもどこでも学べるケンペネEnglish
スマートフォンがあれば自宅や旅行先でも英語学習ができます。

デイリーコールの毎日英会話レッスン

韓国語を勉強したい方におすすめな名古屋の教室マルマダン

Page Top